活動情報

福島県愛護センターの件

投稿日:2021年12月9日 更新日:

11月19日。
福島県愛護センターさんの本所と相双支所に行き、3匹の猫を引き出してきました。
前回の7匹の引き出しやそれまでの電話のやりとりなどで動物をとても大切にするところだという印象はあったのですが、実際職員の方々にお会いし施設も見せていただくと、印象よりも遥かに収容動物を大事にしているのだと思いました。
それぞれの性格や様子を把握している上に、里親に行きやすいよう、初めて動物と暮らす人にも難しくないよう、丁寧なお世話がされていました。
キャリーを台に置く時でさえ、「ごめんね、置くよ」と中の猫に声をかけ、愛おしそうに抱っこしていました。
だからこちらから引き受ける子達は人が好きな子が多いのね!と実感しました。(人慣れさせてから募集をかけるように心がけているそうです。)

犬、特に子犬は応募が殺到してほとんどがすぐに決まってしまうこと、成犬でもご縁の機会が多いと聞きました。
迷子犬に対して1ヶ月は飼い主さんからの連絡を待つので再会できる可能性も高いようです。
実際、昨日は譲渡対象の犬はいませんでしたし、決まっている子達も綺麗な環境でのんびり過ごしていました。

ただ、福島県は殺処分数もとても多いです。
センターに残っているのは譲渡の可能性が高い子でその後ろでは沢山の命がなくなっている。
色々考えさせられました。

福島だけでなく、全国の殺処分を少しでも減らせるよう、システムを変えていけるよう、働きかけていくことが大切だと思いました。
(せめて離乳前の子達を引き受けさせてもらえたら。)

ワタシニデキルコト。

できることをする。
できないこともできるように力を尽くす。

がんばります。

-活動情報


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

個人で保護活動をする方の相談を受け、福島の保健所より7匹の子猫を引き出してきました。
どの子も人懐こい美猫さん。
新しい家族を募集いたします。

子猫を保護しました。(6月2日)

生後1週間の仔猫2匹を保護しました。酷いノミ(100匹以上いたんじゃないでしょうか)とふさがった目からは膿がドバッ。猫風邪です。この状態で飼い主がいて室内飼いだったんです… 10年ほどのお付き合いがあ …

no image

令和2年度 収支報告書

令和2年度収支報告書ダウンロード

no image

団体設立までのチャリティ収支報告

団体設立までのチャリティ収支報告ダウンロード